学校司書@非常勤

とある小学校の図書室に生息する、学校司書。難しいこと語れません。絶滅しかかってます。

図書室は自習部屋?

<スポンサードリンク>

最近先生方の出張が多いです。



担任不在の時は、本部の先生が自習監督に入ったり、子供達だけで教室で自習させて同じ学年の先生が、時々様子を見にいったりすることが多いのですが...



私の勤務校で1番多いのは



『自習か...』




『そうだ、図書室へ行こう』



というパターンです。


f:id:libook:20180602085604p:plain



私的には、図書の時間が増えるのでありがたや~です。



特に高学年は、休み時間に来館する時間もなかなか無いので、ここぞとばかりに本の宣伝ができますしね。『本が読める』『授業受けなくていいからラッキー』など、理由は様々なようですが、基本的に子供達は図書の時間が好きです。本を手に取る時間の余裕さえ無かったら、なかなか読書しようと思えないですしね。




司書としては図書館をアピールできるチャンス!とシメシメなのですが・・・そこで気になるのが『で、自習監督は誰が?』ということ。



『学校司書』は『教員』ではないので、基本的に一人で自習監督をすることができません。なので、本部の先生やアシスタントの先生に入ってもらうことが多いのですが、実際は人が足りない場合がほとんどです。



やむなく管理職から『時々様子を見にいくからお願い。』と司書が自習監督をお願いされることもありまして。その辺はグレーゾーンなのですが・・・。


ただ時々困るのが、担任からも管理職からもまったく連絡なしで子供達だけ置いていかれる場合があることです。



まさに『聞いてないよー!』状態。
(特に普段ほとんど図書室を使わない先生に限って、自習の時には図書室を積極的に使うパターン・・・。ゴニョゴニョ。)


そりゃあ、数年いて子供達と信頼関係ができていれば、あまりこちらが怒るようなことはしませんけれどもー。やはり先生がいるといないでは、落ち着き感がまったく違います。
私がひとりで見ていて、何かあったら誰の責任なのでしょう?



そもそも報・連・相をしなくてもいい存在と思われてるのかな、と首を傾げてしまいます。



『自習監督』については、以前にも近隣の司書間で話題にあがったことがありました。


きちんとしてる学校もあれど、やはりグレーゾーンな学校が多いようでした。
しかも、ある学校では人手不足のあまり、司書に算数の少人数指導までさせていた。というのですからビックリでした。管理職からの要請で断れなかったようですが、学校司書の仕事をどのように認識しているのでしょうかね。便利屋さん?



ただ...そうは言っても実際、現場は人手不足な訳で。



極力、臨機応変に対応はしてますが・・・頼むから連絡無しで二クラス同時に図書室によこすのはやめてくれないかなっ。
※人口密度が凄かった。



以上。愚痴でした。