学校司書@非常勤

とある小学校の図書室に生息する、学校司書。難しいこと語れません。絶滅しかかってます。

ひな祭り

<スポンサードリンク>

今週のお題「ひな祭り」


f:id:libook:20180303215029p:plain


3月になってしまいました。今日はひな祭りですね。


実は金曜日の給食で『ちらしずし』『ひなあられ』『厚焼き玉子』『すまし汁』と、すでにひな祭りを一通り味わってしまったのですが、我が家にも一応女の子がいるので二日連続『ちらしずし』にしました。


そしてひな祭りといえば欠かせないのが『桜餅』

私の田舎では桜餅といえば『道明寺』なのですが、近所にはあまり売ってなくて...代わりにちょっとお高いイチゴ大福を買ってきましたよ。


f:id:libook:20180303213704j:plain


カーリング女子のもぐもぐタイムを見てからずっと美味しいイチゴが食べたかったんです。すごく美味しい!
たまには自分を甘やかしてあげることも必要ですよね。




さてさて。


今年度の図書室も終わりに近づいてきました。

年度末の統計、報告書作成、蔵書点検、廃棄、卒業記念品の準備と平行して新年度の準備...と、ネコの手も借りたいぐらいな忙しさ。これ今年度中に終わるの?といつもドキドキしながらも、何とかなってるので大丈夫かなぁー。


そして今年度の読み聞かせもあと数回。本を選ぶのもいつにもまして悩みます。
今週は結局、ひな祭りにちなんだ絵本を中心に読み聞かせしました。

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ (行事の由来えほん)

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ (行事の由来えほん)

ももこのひなまつり (行事のえほん)

ももこのひなまつり (行事のえほん)

たまごからうまれた女の子 (行事むかしむかし)

たまごからうまれた女の子 (行事むかしむかし)

おひなまつりのちらしずし (福音館の単行本)

おひなまつりのちらしずし (福音館の単行本)

雛人形の由来も諸説ありますが、なかなか読み聞かせ向きの本のバリエーションが少ないのがいつも悩みどころ。まぁ『ひな祭り』に限らず『梅の花』や『イチゴ』など、この時期の旬にテーマを合わせることもありますね。読み聞かせの絵本選びって、連想ゲームみたいでもあります。

いちごばたけの ちいさなおばあさん (こどものとも傑作集)

いちごばたけの ちいさなおばあさん (こどものとも傑作集)

『いちごばたけのちいさなおばあさん』なんかは、特に冬の終わりの今の時期にぴったりの絵本です。

いちごが赤くなるのは実は畑の下に住んでいる小さなおばあさんが、せっせと赤い色を塗っているから。なんてなんとも夢があるお話です。絵も素朴でかわいらしい。素敵な絵本は時代を選びませんね。

そろそろ今年度最後の読み聞かせの本も決めなくては。



春は、もうすぐ。もうすぐですね。





また、今年もたくさんの別れと出会いがあります。




寂しくもあり。楽しみでもあり。




どんな春がやってくるかな。