学校司書@非常勤

とある小学校の図書室に生息する、学校司書。難しいこと語れません。絶滅しかかってます。

バレンタインに読みたいチョコレートの本

<スポンサードリンク>

今週のお題「バレンタインデー」

f:id:libook:20180211124228p:plain

今週の水曜日はバレンタインデーですね!
自分が子供の頃は担任の先生にあげたりしてましたが、今は学校に持ってくるの自体がNG。
(中にはこっそり持ってきてる子もいるみたいだけど)

今は好きな子にというより、ほとんどが友チョコのようです。
図書室で『1円でも安くしたいから100均はしごですよー!もう大変なんですよー!』と高学年女子がぼやいていました。

やはりコスパがいいのは手作りなんでしょうね。

今回は『チョコレート』が食べたくなってしまう本を集めてみましたよ。


チョコレートが出てくる絵本

『チョコレートをたべたさかな』

チョコレートをたべた さかな

チョコレートをたべた さかな

水の中を自由に泳いでいた魚。ある日、チョコレートのかけらを口にしてしまったことから魚にとっての世界が一変します。どうしてもそれをもう一度食べてみたいと願う魚。
魅惑の味を知らなければ、手に入らない辛さを味わうこともなかったのに…。「恋」のようでなんとも深い絵本です。全体がセピア色なので大勢への読み聞かせ向きではないかなぁ。大人へのプレゼントにもいいかもしれません。


『こねこのチョコレート』

こねこのチョコレート

こねこのチョコレート

弟クリストファーの誕生日プレゼントに、「こねこのチョコレート」を買ったジェニー。家に帰り、自分の部屋のタンスの中に隠しておくのですが、チョコレートが気になってなかなか寝付けません。とうとう一つだけ…口の中に。いけないと思っていても、ついついやってしまうこと。子供だけでなく、大人もあるあるですよね。この本を読み聞かせしていると、子供達が『だめだよー!』と真剣な顔になっていきます。最後はホッとする展開に心が温かくなる絵本です。


『チョコだるま』

チョコだるま (ほるぷ創作絵本)

チョコだるま (ほるぷ創作絵本)

「もったいないばあさん」でおなじみの真珠まりこさんの絵本。マルタさんちのお店にかざってある、チョコレートのチョコだるま。いつもお店にやってくるお客さんを暖かく見守っていました。そんなある日、チョコだるまを買いたいというお金持ちが現れて…。読みながら「売るんかーい」といつも心の中でマルタさんに突っ込みを入れてしまう私。
読み聞かせした後に、「これ借りたい!」「チョコだるまのお店に行ったみたい!」と子供達に大人気の本なのですが、残念ながら現在は入手することができず…。
いつも公共図書館から借りてきて毎年読んでいます。ホットチョコレートが飲みたくなっちゃう。


『チョコレート屋のねこ』

チョコレート屋のねこ

チョコレート屋のねこ

  • 作者: スーステイントン,アンモーティマー,Sue Stainton,Anne Mortimer,中川千尋
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 2013/01/01
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る

古ぼけたチョコレート屋に気難しいおじいさんとねこがすんでいました。ある日、おじいさんはねずみの形チョコレートを作ってみました。ねこがチョコを一口かじってみると、あまりのおいしさにびっくり。みんなに食べてほしいと思ったねこは、あることを思いつきます。これ絵がとーっても緻密で綺麗なんです。たくさん出てくるチョコレートを見ているとどれも美味しそうでよだれが出そう。少し長いので読むのが大変ですが、子供達はチョコレートに目が釘付けです。ねこ好きさんにもおすすめ。


『チョコレートパン』

チョコレートパン (幼児絵本シリーズ)

チョコレートパン (幼児絵本シリーズ)

ナンセンス絵本の定番、長新太さんの絵本。山の中にあるチョコレートの池にパンがやってきて…チョコパンに。こんどはぞうがやってきて、チョコまみれに。そんなばかなーと思いながらもこの独特の世界観に引き込まれてしまいます。


チョコレートが出てくる児童書(女子におすすめ)

『ルルとララのチョコレート』

ルルとララのチョコレート (おはなしトントン)

ルルとララのチョコレート (おはなしトントン)

低学年から中学年女子に大人気、あんびるやすこさんの「ルルララシリーズ」うさぎのミリーの願いを叶えるために、ルルとララはすてきなチョコレートを考えます。


『パティシエ☆すばる キセキのチョコレート』

パティシエ☆すばる キセキのチョコレート (講談社青い鳥文庫)

パティシエ☆すばる キセキのチョコレート (講談社青い鳥文庫)

青い鳥文庫からは「パティシエ☆すばる」小学生なのにパティシエ見習いのすばる達。セレブなバレンタイン・パーティのケータリングに挑戦します。


『恋する和パティシール4 ホットショコラにハートのひみつ』

恋する和パティシエール4 ホットショコラにハートのひみつ (ポプラ物語館)

恋する和パティシエール4 ホットショコラにハートのひみつ (ポプラ物語館)

料理好きに大人気、恋する和パティシエールシリーズ。続きは出ないのか??といつも言われることが多い本。


同じ工藤純子さんの『プティ・パティシエール 恋するショコラはあまくない?』

プティ・パティシエール 恋するショコラはあまくない?

プティ・パティシエール 恋するショコラはあまくない?

チョコレートが出てくる児童書(男子におすすめ)

『チョコレート工場の秘密』

チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2)

チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2)

  • 作者: ロアルド・ダール,クェンティン・ブレイク,Roald Dahl,Quentin Blake,柳瀬尚紀
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2005/04/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 47回
  • この商品を含むブログ (212件) を見る

映画『チャーリーとチョコレート工場』の原作本。そういえばヴィレッジヴァンガードにいつも「ワンカチョコレート」が売ってて、いつか食べてみたいと思いつついまだ実現せず。黄金の切符、欲しいです。


『チョコレート・アンダーグラウンド』

チョコレート・アンダーグラウンド

チョコレート・アンダーグラウンド

アレックスシアラーの本はどれも装丁が素敵です。選挙で勝利をおさめた“健全健康党”に“チョコレート禁止法”を発令されてしまいます。国中から甘いものが処分されていく中、ハントリーとスマッジャーは、チョコレートを密造し“地下チョコバー”を始めることにしましたが…。チョコレートがこの世から無くなるなんて嫌だー!!


『チョコレート戦争』

チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)

チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)

大石真さんの長く読み継がれている児童書。ある日、誰もが憧れる洋菓子店”金泉堂”のショーウィンドウのガラスが、何者かに割られてしまいます。犯人だと決めつけられた光一達は濡れ衣を晴らすための戦いを始めるのですが…。昭和の匂いが漂う物語です。


『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 4』

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂4

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂4

お菓子を買った人の運命を変える、不思議な駄菓子屋”銭天堂”その不思議なお菓子の力を生かすのも殺すのも、食べた人次第なのです。4年生くらいからよく読まれています。「ゴブリンチョコエッグ」のお話が人気。

子供向けレシピ本

レシピ本が古いのばかりなので、せっせと新しいものに入れ替え中なのですが。

『ひとりでできるもん!シリーズ』

おしゃれなおかし作り (ひとりでできるもん!)

おしゃれなおかし作り (ひとりでできるもん!)

よく借りられているので、ボロボロだけど除籍にできない…。


『いつものおやつ☆デコ』

いつものおやつ★デコ: めちゃカワかんたんデコレシピ

いつものおやつ★デコ: めちゃカワかんたんデコレシピ


『ルルとララの手作りスイーツ』

ルルとララの手作りスイーツ (4) 冬のお菓子

ルルとララの手作りスイーツ (4) 冬のお菓子


『わかったさんのこんがりおやつ』

わかったさんの  こんがりおやつ (わかったさんとおかしをつくろう! 1)

わかったさんの こんがりおやつ (わかったさんとおかしをつくろう! 1)

チョコレート博士になれる本


『チョコレートの大研究』

チョコレートの大研究 おいしさのヒミツと歴史、お菓子づくり

チョコレートの大研究 おいしさのヒミツと歴史、お菓子づくり

これ一冊でチョコレートについての秘密がほぼ理解できます。PHPさんの大研究シリーズはとても分かりやすいので大好きです。

『すがたをかえるたべもの チョコレートができるまで』

このシリーズは食べ物の調べ学習によく使われています。チョコレートの原料が何で、どんな風に作られているか写真で詳しくわかります。




チョコレートから広げてこんな本はどうでしょうか。

『世界一おいしい火山の本』

世界一おいしい火山の本―チョコやココアで噴火実験 (自然とともに)

世界一おいしい火山の本―チョコやココアで噴火実験 (自然とともに)

火山学者の著者が、大好きなチョコやココアを使い火山の実験してみました。近年、至る所で火山活動が活発になっていますね。火山のしくみがわかっていれば、きっと危険をさけられる。そんな願いから生まれた本です。


『コスモスの謎』

コスモスの謎: 色も香りもチョコそっくり!? チョコレートコスモス大研究

コスモスの謎: 色も香りもチョコそっくり!? チョコレートコスモス大研究

色も香りもチョコレートにそっくりな”チョコレートコスモス”について研究している著者の物語。チョコレートコスモスは見たことないなぁ、実際に匂いを嗅いでみたいです。



『チョコレート語辞典』

チョコレート語辞典: チョコレートにまつわることばをイラストと豆知識で甘~く読み解く

チョコレート語辞典: チョコレートにまつわることばをイラストと豆知識で甘~く読み解く

これはまだ読んだことないけど、気になっている本。児童向けではないかも。図書館で予約中です。


チョコレートを通して世界を知ることができる本


『チョコレートと青い空』

チョコレートと青い空 (ホップステップキッズ!)

チョコレートと青い空 (ホップステップキッズ!)

数年前に課題図書になった本。農業の研修でガーナから日本に来たエリックさんを通して、専業農家である家の仕事を手伝っている周二は、世界に目を向けていきます。「もっと世界に目を広げよう。そして真実を知ろう」という著者による、あついメッセージがこもった本。児童労働やフェアトレードについて触れることができます。


『わたし、8歳、カカオ畑で働き続けて』

わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。―児童労働者とよばれる2億1800万人の子どもたち

わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。―児童労働者とよばれる2億1800万人の子どもたち

こちらは児童労働についてさらに詳しく書かれています。カカオ畑で働く子供達についてだけでなく、世界における児童労働全般についても解説。このシリーズ、ほかに『ストリートチルドレン』や『女性蔑視』など重たいテーマが多いのですが、考えさせられるものばかりです。自分達と同じ年頃の子供に今、何が起こっているのか知ってもらいたいなぁ。

さいごに

森永製菓のこんなキャンペーンの記事を見つけました。

www.morinaga.co.jp


チョコレートの原料『カカオ』が作られる赤道近くの国々。その中には、経済的な自立が難しく、十分な教育環境が整っていない地域もあります。「1チョコ for 1スマイル」は、ガーナなどカカオの国の子どもたちが安心して教育を受けられるように、商品の売上の一部を使って支援する活動です。支援活動のパートナーは、国際NGO「プラン・インターナショナル」と日本のNGO「ACE(エース)」。年間を通して行う寄付に加えて、〈特別月間〉では森永チョコレートの対象商品1個につき1円を寄付する特別キャンペーンを実施しています。チョコレートを食べる人も、そのふるさとで学ぶ子どもたちもみんなを笑顔にしたい。それが森永製菓の思いです。

対象のチョコを買うと、1個につき1円がカカオを栽培している国に寄付されるそうです。知らなかった!

チョコレートだけに限りませんが、普段何気なく口にしているものがどこから、誰の手から運ばれているのか。この機会に子供と話してみるきっかけになれればいいですね。



あーチョコレートが無性に食べたくなってきました!早速、買いに行ってきます♪


『子どもたちにしあわせを運ぶチョコレート』

子どもたちに幸せを運ぶチョコレート: 世界から児童労働をなくす方法

子どもたちに幸せを運ぶチョコレート: 世界から児童労働をなくす方法



おしまい