学校司書@非常勤

とある小学校の図書室に生息する、学校司書。難しいこと語れません。絶滅しかかってます。

ハローワークに行った話

<スポンサードリンク>

人生で初めて、ハローワークに行って来ました。


f:id:libook:20171205201648p:plain


www.libook11.com



この記事を書いたのが9月。
どうしようかと悩んでいる間にも、次々と仕事をこなしていかなければならず、気がつけばあっという間に3ヶ月が経っていました。



その間学校図書館、公共図書館、大学図書館...と図書館とつく求人には手当たり次第目を通してきました。その中でひとつ気になる求人をみつけたので、思いきってハローワークに足を運んだ訳です。



初めて書く求職申込書。



希望の職種を書くのに、なんだか考え込んでしまいました。
そもそも『司書』として募集している求人自体あるのかしら?
この年齢で職種を選ぶなんてそもそも贅沢なのでは?
自分の経歴の薄っぺらさにもため息が出ます。


そんな心配をよそに、相談員さんはとても親身になって話を聞いてくれました。



あまり知られていない教育現場の非常勤職員の低待遇さに、びっくりされたり。
そうかそれが普通の反応だよなー。
ブラックさに麻痺してる自分に気がついて、勝手に傷ついてしまいました。


f:id:libook:20171205201709p:plain


色々と図書館に関係する求人を探してくれたのですが、なかなか納得できるものはなく結局、決断できないまま帰ってきました。



疲れました。


ただ、ご年配の方も熱心に仕事を探しているのを見て、いい意味で刺激を貰いました。就活に向けてのセミナーも色々あるようだし。予約すれば気軽に相談に来られる場所がある。悩んでいる暇があるなら行動している方がましです。




正直、まだ迷ってるのです。



あと一年、待遇が悪くなるのを承知でここで学校司書を続けるか。
思いきって他の自治体の学校司書を受験してみるか。
公共図書館に戻るか。
未経験だけど、大学図書館で働いてみるか。



いっそのこと、まったく違う仕事を探すか。



考えれば考えるほど頭の中がぐるぐるしてきて吐き気がします。



この仕事を続けている限り、毎年面接を受け続けなくてはなりません。
年度末近くなると、いつも求人サイトを眺めて悩みます。



この先毎年、毎年これが続くのかと。



考えれば考えるほど途方に暮れてしまいます。


そして僕は途方に暮れる

そして僕は途方に暮れる

  • 大澤誉志幸
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes




他校の司書は今回の決定を受けて、今学期いっぱいで辞めるらしいです。
私よりずっとベテランな方。このままでは未来がないと見切りを付けたようです。



年度途中で辞めるということは、子供達や先生方にも少なからず影響があります。
後任の司書にとっても、年度途中からの仕事の引き継ぎは大変だと思います。


それを分かっていても、辞めてやる!という切羽詰まった気持ちだったのでしょう。


私にはその気持ちが痛いほどわかる…。



『先生、来年図書委員になるからね!』


仲の良い子供達が話してくれるたび、なんとも複雑な気持ちになっている今日この頃です。





おしまい