学校司書@非常勤

とある小学校の図書室に生息する、学校司書。難しいこと語れません。絶滅しかかってます。

課題図書2017~低学年用4冊をまとめて紹介。

<スポンサードリンク>

気が付けば8月。
今週から短期のバイトが始まる。久しぶりの公共図書館でのバイトでちょっとワクワク。
一冊ずつだと夏休みが終わりそうなので、低学年用課題図書を4冊まとめて紹介します。

①『ばあばはだいじょうぶ』

ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)

ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)

登場人物

つばさ おばあちゃん

あらすじ

大好きな、やさしいばあばが、この頃変わってしまった。何度も同じ質問をしてきたり、得意だった編み物ができなくなったり。
ばあばは「わすれてしまう病気」なんだ。そして冬の寒い日、ばあばがいなくなった…。
老い認知症、介護といった、とても難しい、しかし誰もが避けては通れない問題を子どもの視点から描き出しています。
記憶を少しずつ失っていっても、それでも変わることのない人間性、家族の繋がりを描き出す感動作です。
内容(「BOOK」データベースより)

つばさはおばあちゃんが大好き。いつでも「つばさはだいじょうぶ」って励ましてくれるのです。
でもおばあちゃんは次第に段々おかしな行動を取るようになっていきます。
ジャムをひと瓶まるごと食べてしまったり、となりの庭のお花を折ってしまったり。
そんなおばあちゃんをつばさは次第に避けるように…。そしてある日おばあちゃんは行方不明になってしまいます。

みどころ

作者の楠章子さんが、若年性認知症を発症したお母様の介護の経験をもとに作った絵本。
テーマは重いけれど「認知症」がどんな病気か、少しでも低学年の子供達が知るきっかけになるといいなと思う。
私自身、子供の頃同居していた祖父が「認知症」になり、介護をしていた母が辛い思いをしていたので、色々と思い出してしまった。
子供心に今まで普通に接していた家族が変わっていくのが怖くて、つい避けていたっけ。
大人が読むと、リアルな現実に切なくなってしまうかもしれない。

②『なにがあってもずっといっしょ』

なにがあっても ずっといっしょ

なにがあっても ずっといっしょ

登場人物

犬のサスケ 飼い主のサチコさん

あらすじ

オレはサスケ。イヌだ。サチコさんのいえのにわにすんでいる。小学生はオレのことをすきな名まえでよぶ。
オレはほんとうの名まえをおしえてやるのだが、小学生はイヌのことばがわからないらしい。
でも、サチコさんはイヌのことばがわかる。オレはサチコさんといっしょにいるときがいちばんたのしい。
ところが、ある日のこと。ゆうがたになっても、サチコさんがかえってこない。どうしてだ?どこにいってしまったんだ!?
内容(「BOOK」データベースより)

みどころ

犬と飼い主のほのぼのストーリー。字も大きいし、絵も可愛らしいので一年生でもひとりで十分読めると思う。サスケのサチコさんへの思いがあふれてくるお話。
たとえペットでも信頼しあうことって大事だな。特にペットを飼っている子にはおすすめ。

③『アランの歯はでっかいぞこわーいぞ』

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

登場人物

ワニのアラン ジャングルの仲間たち(アランを怖がっている)

あらすじ

内容(「BOOK」データベースより)

アランはこわーいワニの一族。ジャングルのみんなは、アランをこわがるけど、それはアランのどりょくのたまもの。
うろこをみがき、つめをとがらせ、歯を、いっぽんにつきさいてい10分かけてみがいてジャングルにでかけます。
でもね、アランの歯は…

みどころ

絵がかわいらしいので課題図書の中で一番子供達が食いついた本。ただこの手の短いお話で感想文を書くのとか一番大変そうだけど。
威張ってばかりじゃなくて、そのままの君でいたら。ワニにだって誰かの役に立つことができるんだよ。そんな優しいメッセージに気が付けるかな。

④『すばこ』

すばこ

すばこ

登場人物

鳥が大好きなドイツのベルレプシュ男爵

あらすじ

巣箱は、ひとが作った鳥の家です。素材も、かたちも、大きさもいろいろ。身近な自然保護であり、作ってみれば毎日がちょっと楽しくなる巣箱、じつはドイツの貴族の男性がはじめたって、知っていましたか?日本ではまだあまり知られていない巣箱の始まりと、その楽しみ方をえがいたノンフィクション絵本。
内容(「BOOK」データベースより)

みどころ

鳥が大好きなあまり、もっと自分の森に鳥を呼ぼうと「巣箱」を作ることを思いついた貴族の男性のノンフィクション。
「すばこ」って元々は鳥のヒナを捕まえるための罠だったなんて。へぇーでした。
巣箱を作れば、鳥がたくさんやってきて害虫を食べてくれる。それは森林資源を守ることにもつながる、なんてとても勉強になる本でした。とにかく色んな巣箱が出てきて楽しいです。


にほんブログ村